確定!睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群と診断するお医者さん

ぼくは鼻の通りが慢性的によくないんですが、イビキが酷いんです。寝ている間にイビキを録音して聴いてみたら我ながら悶絶します。

イビキにお手上げ

2015年の11月から2016年はじめまで耳鼻科に行って血液検査までやったんですがハウスダストアレルギーがある以外に特に問題はないと言われ(中学生の頃にアレルギー性鼻炎で耳鼻科に長く通い最終的には漢方薬で改善したと思っていたのに)、「アラミスト」っていう抗アレルギー点鼻薬を処方されてしばらく使ってましたが一向に効果がありませんでした。
空気清浄機も買ったし、ブリーズライトもマウスピースも使いましたが効果がありませんでした。いろんな枕も試しました。

鼻の骨を削る手術をしたら治ったよという人もいるのですが、イビキ外来に行っても鼻腔・副鼻腔や咽頭に特に問題はないと言われ、困っていました(イビキをかいている本人はそれで困ることはないけれど一緒に寝ている妻の睡眠を妨害してしまうのは困るしもちろん妻も困ります)。

イビキもさることながら、前日6時間以上寝ているはずなのに日中に急激に眠くなったり思考が極端に鈍ったりすることがままあり、それも困ったものでした。

ホルターチェックしてみる

2016年の3月9日、妻行きつけのクリニックに一緒に行って相談したところ「じゃあホルターチェックしてみましょう」ということで、やったわけです。
ホルターチェックとは要するに、24時間、心電図と血圧をモニターするというものです。
心電図だけなら機械はコンパクトです。

ですが今回は一定時間ごとに血圧も計測する機能つきの機械で、これがまた嵩張って邪魔くさい。
でもしょうがないからこれ着けて会社に行きお客さんとの打ち合わせにもそのまま行きましたよ。まだ若干厚着の季節でよかったですほんと。

こんなの真夏の平日にはとてもじゃないけど着けられない。

暑いとかじゃなくてとてつもなく不格好で薄着では出歩けない。

お見苦しい写真で申し訳ないです

 

ていうか機械に文句言う前にテメエの腹ァなんとかしやがれ的な。

CPAP?なにそれ美味しいの?

みっともない腹はなんとかしましたよ!

まあそれはともかく、データを分析してもらった結果、

寝ている間に血圧が下がってません

おめでとう睡眠時無呼吸症候群です

(そんな言い方はされてませんが)と診断され、CPAPを使うことになりました(2016年3月18日)。

CPAP(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)とは要するに酸素マスクみたいなのを着けて強制的に空気を送り込み気道の閉塞、無呼吸状態を防ぎ、結果としてイビキを発生させなくする機器による治療のようなものです。

これはあくまで「対処法」であって「治癒」するわけではないから「治療」と言えるのかどうか疑問ですが。

ともあれ、2016年の4月中旬からCPAPを着けることになったわけですが、これが未破裂脳動脈瘤にも関わる、ある効果をもたらすことになります。