頭痛のタネ

頭痛のイメージ

ぼくは昔から頭痛持ちでしたが、近年とみに眼精疲労からくる肩凝り首凝り、頭痛に悩まされています。決まって左。昔からのことだし、脳動脈瘤は右なのでそれとの関連はありません(ないはず)。

何をやってもダメ

仕事柄一日中PCに向かっています。これも昔からそうですが、そうしたとき無意識に左肩に力が入っています。しかも最近はスマホもよく見る。
こういうのは誰でも大なり小なりあって、最早現代病かもしれません。
そういうことが原因であることはわかっているので気をつけているつもりなのに、酷い。

もちろんマッサージにも行きました。ストレッチもしてます。磁気ネックレスもしてます。ありとあらゆる飲み薬貼り薬塗り薬を試しました。枕もいろいろ試しました。でもダメです。どうやってもダメです。全然ダメです。なにやったってダメなダメ男です。

どうもこれはメガネが合ってないんじゃないか?

小学校高学年から近視でずっとメガネをかけていますが、40も半ばにさしかかった頃、老眼が出始めました。
そこで数年前に遠近両用レンズにしたのですが、これがまあ手元の文字を読む時などは結局メガネをずらさないとよく見えないというシロモノでした。
まあそれはそれでいいんですが、ここのところあまりにも眼精疲労が酷く頭痛が頻発するので2016年12月8日に会社近くの眼科に行って検査してもらいました。

眼科ではメガネも調べてもらったのですが、お医者さんの診断では、

  • 遠くのものは見えている(近視をメガネで矯正)
  • ごく近くのものも見えている(老眼をメガネで矯正)
  • 50~60cmあたりがよく見えていない。
  • 乱視が少々混じっている(これはどうでもよい)

とのことでした。
50~60cmあたりってこれ、ちょうどPCのモニターとの距離です。

「どうすればいいんですか?」と尋ねたところ「PC仕事が多いんであればその距離にフォーカスしたメガネを別途作るというのがよい」とのことでしたので、レンズの処方箋を書いてもらい、点眼薬「サンコバ」とヒアルロン酸を出してもらいました。

メガネを掛け替えるのがめんどうくさいから遠近両用にしたのに、結局これかよともううんざりです。でも背に腹は変えられません。

で、メガネ作ってみましたが

上の黒いのがPC専用・下のが日常使いの遠近両用

このPC専用メガネ、50~60cmあたりの距離にフォーカスしているため、PCに向かっているとき以外は全然ダメです。
ディスプレイと手元資料を交互に見ながら作業するなんてとき、手元資料がほんのちょっとボケます。

結局何やっても不便。

しかも眼精疲労はたいして改善してない。

メガネ型ウエアラブルPCとかメガネ型VRヘッドセットとか出てきていますが、

ツルのところを指でなぞることで焦点を調節できるメガネを出してほしいなあ。

おれは科学のチカラを信じているよ。