コレステロール・クレストール

コレステロール低下剤のイメージ

今日から仕事始めの方も多いかと思いますがぼくは9日が仕事始めです。
毎年思いますが生活インフラ系のお仕事などに従事している方々は元旦も何も関係なくみんなのためにお仕事お疲れ様です。あなた方のおかげで我々は生活していけます。

さて新年早々ではありますが、妻は自律神経失調症その他、ぼくは睡眠時無呼吸症候群その他でお世話になっているクリニックに初詣です。
CPAPのデータは好調でしたが、睡眠が良好であることはデータを見るまでもなく実感しています。

それで、昨年暮れのインフルエンザの際に血液検査をしていたらしく(憶えていない)その結果が出ていました。血液検査もここ2年で憶えていないくらいやりましたが、いつも気になるのはやはりコレステロールと中性脂肪です。

今回は

LDL(悪玉) HDL(善玉) 中性脂肪
2018年1月4日 52
基準値70~139
44
男性基準値40~86
150
基準値35~149

でした。

悪玉が少なすぎますが(少なければいいということでもないので)良好ですな。

ていうかLDLコレステロールはこれ俺的史上最小値じゃね?

今思うに、そんだけ血液検査してきたならちゃんと検査報告書を保管しておけばよかったなと。結果を確認したら捨ててしまうことが多くて、手元に残っているのはわずかです。

残っているものを改めて見てみると、

LDL(悪玉) HDL(善玉) 中性脂肪
2017年5月13日 80
基準値70~139
44
男性基準値40~86
98
基準値35~149
2017年5月1日 72
基準値60~119
42
基準値40~119
141
基準値30~149
2017年2月4日 84
基準値70~139
46
男性基準値40~86
180
基準値35~149

あれ?あれれ?

中性脂肪がバラつくのは検査前の食事状況(何を食ったか、食ってからどれくらいの時間が経過しているか)によるのでバラつきそのものはそんなに気にしなくていいのですが、2017年5月1日のものだけ基準値が違う。
これは生活習慣病検診をやった他のクリニックのものですが、何故基準値が違うんだろう?基準値がブレてたら何を信用していいのかわからないじゃないか!

でもまあいいや。細かいことは気にしない。

閑話休題。

いつもの薬、コレステロール低下剤「クレストール」と睡眠薬「ベルソムラ」の処方箋を持って薬局に行くと、「クレストール」のジェネリックが出たけどジェネリックに変えるか?と聞かれたので「ロスバスタチン」っていうやつに変えました。

でまあこのコレステロール低下剤ですが、

ここまで下がってればもう要らないんじゃね?

と妻に話したところ「それがあるからこの数値なのかもよ、コレステロールはほっとけば上がりやすい歳でもあるから安心のために続ければ?」と。確かにそうかも。
まあ念のため、今度脳動脈瘤の主治医に訊いてみよう。

以下余談。

その足で今度は先般の胃カメラの結果を聞きに別のクリニックへ。
結果はやっぱり慢性胃炎。何度聞いても慢性胃炎。去年5月にわかっていたことだけど慢性胃炎
写真見ましたけど、お医者さんも「一部荒れてる以外はとてもキレイな胃壁ですね」と。胃壁なんか褒められたところで嬉しくもなんともないかというとそうでもなく、顔がほころぶ。
写真見たとき、なんかピザに乗ってるオリーブみたいな黒くて丸いのがあってそれが気になり「先生、その黒いのは何ですか」と聞いたら単に十二指腸への出口だそうで。へえ~そんなに黒く写るもんなんだーと変なところに感心しました。
エコーの結果も問題なし。
なんか胃薬の処方があるのかなと思っていたけど、無し。

さらにその足で「ほけんの窓口」へ。
手術・入院の前に何か手続きしておくことはあるか?と確認したところ、万事事後でよいとのこと。不勉強ですみません。