続・入活

バックパックのイメージ

入院は来月頭ですがもうパッキング始めてます。
昔々山登りをしていたのでパッキングは得意です(キャリーバッグは背負わないからコツも何もないんだけど)。

でも結構嵩張るものも多いから、ぼくのパッキングテクニックをもってしても機内持ち込みサイズのキャリーバック一個には収まらない。もういっこのでかいやつにしようかな。
病院の売店で調達できるものも多いんですが家にあるものをわざわざ買う必要ないすよね。それにあれこれ余計な調達で妻に負担をかけたくないし自分で買いに行くのも面倒だ。

さて、持っていくものは以下のとおり。

電気機器系

  1. ノートPCと電源ケーブル
  2. モバイルWi-Fiルーター
  3. iPadとiPad用スタンド[outlink]
  4. Kindle paperwhite[outlink]
  5. イヤホンおよびイヤホン延長ケーブル
  6. ノートPC、モバイルルーター、iPhone、iPadを一気に通電ないしは充電できる電源タップ
  7. 各種ケーブル類(Lightningケーブル1.8m[outlink]×2、microUSBケーブル1m×1

実はこいつらがCPAPの次に嵩張る。かつ重い。
ノートPCは直前に会社から持って帰って詰めます。iPadも当日出がけに入れる。
KindleはiPadでも読めるけど専用機の方が目に優しいし軽いので。
音楽はPC、iPad、iPhineのどれからでも聴けるのでDAPは持っていかない。

書類系

  1. ペンとノート
  2. 手術の同意書やら入院申込書やら
  3. 印鑑と朱肉
  4. それらをまとめて入れておく書類ケースのようなバッグのようなもの
  5. 入院中と退院直後に必要そうで、かつ紙の方がよい仕事の書類

仕事の書類も直前に。

睡眠時無呼吸症候群

  1. CPAP
  2. サージカルテープ(CAP使用時に口を閉じる為のもの)
  3. ブリーズライト(鼻の通りが悪くCPAPが辛いときに使う)

CPAPももちろん入院当日に詰めます。これが結構嵩張るんすよね。

身につける系

  1. クロックス
  2. 「医療用にも」と書いてある薄いニットキャップ的なもの
  3. フリースのジャケット
  4. 下着と靴下2日分程度

履き物はクロックスOKの確認がとれたのでクロックスで。
パジャマはタオルとセットでレンタルします。

こまごま系

  1. 普段の服用薬(クレストール改めロスバスタチン、ベルソムラ)
  2. 目薬
  3. ウエットティッシュ
  4. ボックスティッシュ
  5. プロテイン
  6. プロテインを溶かすシェイカー
  7. ペットボトルに付ける吸い口のようなもの
  8. ストロー十数本
  9. コップ
  10. メガネのレンズクリーナー
  11. メガネケース
  12. S字フック付きバスケット

薬も直前。

グルーミング系

  1. 歯ブラシ、歯磨き粉
  2. フェイスタオル、バスタオル 各×1(まあ一応)
  3. シャンプーとボディソープのトラベルセット
  4. 髭トリマー

髭トリマーも直前ですね。

ぼくは若干髭を生やしておりまして、入院中は伸び放題でもいいかなと思ったんですが、伸びすぎるとCPAP使用時に口を閉じるためのテープが貼り付きにくくなるので週一ペースで刈らないとなのです。

夜間トイレに行くなどの場合にあった方がいいと言われるミニライト的なもの、文庫本などを読む方にはあった方がいいと言われる消灯後の手元灯り的スポットライトなどは今回は個室なので用意しませんでした。

小型加湿器があった方がいいという情報もありますがそれは様子見です。