トリミング

庭木の剪定のイメージ

入院を明日に控えて、妻に髪を少し切ってもらった。
ぼくはここ二年くらい自宅で散髪している。妻にバリカンでやってもらっているのだ。

未破裂脳動脈瘤の開頭クリッピング手術では別に坊主頭とかにする必要はない。美容的観点(術後の早期社会復帰を考慮)から、創部の断髪あるいは剃毛は最小限になっているそうだ。

主治医のF先生からも

短すぎてもやりにくいんだけど、このへん2cmくらい切るね。

と言われた(2cmくらい「に」切るのかどうかは定かではないけどそれはどっちでもいい)。

でも、今まあ既にそれなりに伸びているし、術後しばらくはやっぱりバリカンを当てるのに抵抗があるだろうから、そこから1カ月くらい放置しても見苦しくない程度にしておこうと思った。
それに、何日後から洗髪OKになるのかわからないけど、髪が長ければ長いほど頭が痒くなる質なので。

それと、髭をトリミングした。
ぼくは少々髭を生やしているけど、これが伸びてくるとCPAP使用時に口をつぐむためのテープが貼り付きにくくなる。なのでこれも最初から短くしておこうと。

ほんとどうでもいい話だけど、髭は剃るとなると毎日剃らなければならず、時折剃り残しなんかがあると気になっちゃったりして一日中それが気になっちゃったりして面倒くさい。
年中無精髭なら週に1~2回のトリミングで済むし全部が剃り残しのようなものだから非常に具合がいい。

ついでに鼻毛もトリミングした。
看護師さんに「あらこの人鼻毛が出てるわ、だからオッサンって嫌よね」と思われたくない(思わないだろうけど)。

中年にさしかかってから俄かに伸び出した耳毛も、そして眉尻もトリミングした。

ていうか、なんで耳毛やら眉尻やらは歳とってから伸びるんだろう?
そんな毛が伸びて一体何の役に立つというんだ。
なぜだ?
お前らの目的は何だ?

中高年の乏しいエネルギーをそんな無駄なところで消費しないでほしいんだが。