入院初日・手術前日:わりと慌ただしい

now in hospital

14時チェックインで14時半に病室に入るとまもなく看護師さん(若い男性)が登場。
ここからいろんな書類を渡されたり入れ替わり立ち代わりいろんな人が来て微妙に落ち着きのない時間を過ごすことになる。

段取りとかなんとか

とりあえず明日の手術は9時からとのこと。

体温やら血圧やら心拍を測るだの呼吸練習しとけだの、今日21時以降は絶飲食だのはまあいいとして、明日の朝までにこれこれは用意しておけだの、ICUに持ち込む物品には名前書けだの、当日朝は手術用パジャマに着替えて医療用弾性ストッキングを履けだの、そのストッキングのための採寸をするだの、意外にやることがいろいろある。

で、看護師さんがシャンプーしてくれと言う。
シャワー浴びて出てきましたよと言うと、それではダメなのだという。

開頭手術する人は医療用消毒シャンプーで頭を洗うことになっていると。

16時半に風呂場を予約してあるから、と。それはしょうがないな。

「入院診療計画書」を確認して署名捺印。
脳関係の手術において患者が暴れるとか勝手に動き回る場合に安全を確保するため拘束をするという「身体拘束に関する説明同意書」を確認して署名捺印。
パジャマとタオルのレンタル申込書も書くわけだが、こんなの事前に渡しといてくれたらよかったのに。
入院当日にやることが事前にわかって心構えができていれば、当日慌ただしくてももう少し心理的には落ち着いていられるかもしれない。

15時ごろ妻に買い物を頼む。小腹が空いたのでおにぎりを買ってきてもらい、義父母と妻と4人で一個ずつ食べた。

15時半から主治医による最終説明。といっても今さら別に詳しい話はない。

所要時間は約4時間を想定しています。

とのこと。
ここで「特定生物由来製品(血液製剤など)の使用に関する説明と同意書」に署名。
要点は主治医が説明してくれたし、説明書は何ページかあるんだけど全部読んで確認するような状況でもないし、ここにきて同意できませんというわけにもいかない。

16時ごろ義父母が帰る。お付き合いありがとうございました。

16時半にシャワーを浴びる。看護師さんは「通常は30分単位ですが今日の最後の予約なんでゆっくり入ってもらってもいいですよ」とのこと。
浴槽もあったのだがとにかく病室で落ち着きたいので、はじめに言われたとおり医療用消毒スプレーで二回頭を洗って乾かしてとっとと出てきた。

17時少し前に担当医師チームが回診、ご挨拶をする。

明日は朝早いこともあり妻は17時に帰宅。

点滴針

妻が帰った後、仕事のメールを書いている最中に看護師さんがやってきて点滴針を刺していった。

手術用点滴針その1

太い。

メールに集中してちょっと目を離した隙に

手術用点滴針その2

なんじゃこりゃ!!

これは何ですか?と聞いたら、輸血も想定できるので太い針になっており、いろんな薬剤等の投入もできるようにたくさんのプラグが付いているのですということだった。

こんなの付けて無事眠れるかなと思ったけど、試しにちょいちょいと動かしてみたら割とがっちり固定されてるのでちょっと安心した。

夕食とその後

夕食はこんな感じ。

入院初日の夕食

米飯180g、具沢山汁、鶏肉の照り焼き、ほうれん草の和え物、フルーツ

夕飯を食べ終わってようやく落ち着けた感じがした。

そうだ、入院中は病院食を毎日ブログにアップしていこう。
それでどの程度食べられたかを記録していこう。
一応、術後第一食の完食を目標にはしているけど、さてどうか。食えるかな?

でもやっぱり

腹にものが入るとタバコ吸いたくなるなあ~。