入院3日目手術翌日:尿道カテを抜きICUを出てメシを食い病室を移って仕事メールをしたの巻

now in hospital

ほぼオンタイムでブログ更新していきたいのですが、なかなか難しいですね。
手術翌日の様子です(この投稿は8日に書いています)。

午前中にICUを出る

朝、再びレントゲンとCTをやった結果、主治医の「ICU出てOK」が出た。
身体を拭いてもらい、ついでにこれも主治医の了承を得て尿道カテーテルも抜いてもらった。恐れていた痛みは、全然たいしたことなかった。
尿瓶による排尿を練習してみたけど、この日からいきなりトイレには自力歩行で行ってよいという許可も出た(看護師の補助付きが一応条件)。

メガネがICU預かり荷物の中に入っていたことを知らなかったため、ここでようやく視界の不自由がなくなる。しかし予想通り右側頭部にはガーゼか何かがあるためまともにかけられない。

ICUにいる間も、主治医やチームの先生方は何度も来てくれた。
顔の腫れはこの時点では思ったほどではない様子。

病室トラブル

ICUを出て運ばれた先の病室は6人部屋の廊下側。

入院中はずっと個室で予約したのにどういうこと?(怒

料金が安い理由に急患対応で移動してもらうかも、というのがあったけど、そういう話はあったの?おれの手術中に病院側と妻および義父母との間でどういう話になったのかわからない。

妻は何時に来るかわからない。
妻に電話しようにも、PCやらiPhoneだのが入った鍵付き引き出しの鍵は妻が持っている、ていうか引き出しの中身はどこか知らないところに取り出されているかもしれない。
これは大変困った。
iPhoneがないと事務所のスタッフに手術が終わったことの連絡ができない。
幸い、義父母が来てくれたので時間などはわかり、妻にも連絡をとってもらった。

まあともかく個室に戻れるようになり妻も来たのだが、結構イライラした。

昼飯の問題

iPhoneがないからもうすぐ昼飯なのに写真を撮れない。そういうわけで病院食の写真を貼っていく計画はいきなり頓挫した。

無念だ。

ICUにいたころから普通に喋ることができた。
吐き気やむかつきもなかった。

昼飯の時は、口を大きく開けるのは無理(違和感とかすかな痛みが出る)だけど咀嚼は普通にできた。

ちなみに献立は(いつもトレーに添えられているメモから)

一般粥食a 全粥300g、
軟菜:サンマ―麺150g、レバーの炒め物(軟)、デザート

全粥300gとあるが、これはトレーに乗っていなかった。

ていうかサンマ―麺って何だ?

術後一発目のメシは是非完食したい!と意気込んでいたんだけど、食欲がないというよりは、サンマ―麺だけでおなか一杯になってしまったのであとは残した。

主治医が来て「昼ごはん食べられた?」と訊かれたので「ナントカ麺だけで精一杯でした」と答えたら「え?粥食にしてって言ったのに麺が出たの?」と驚いていた。

だだ上述の献立メモを見ると確かに「一般粥食 全粥300g」とある。
出し忘れなのか?出し忘れだとしてもそんな粥300gと麺150gなんてとても食えないから助かったかも。

よくわからないけどどうでもいいや。
ある程度食えた、匂いも味もわかったということでひとまずはOKだ。

個室に戻る

昼食後、個室に移動することになるのだが、おれはベッドの上で上体を起こし胡坐を組んだままで、なんだか殿様気分だった。
だったがしかし、新しい個室では入院初日にセットしたCPAPやら電源やらその他をもう一度やらなければならない。
めんどうくさいしICU出たばっかりで点滴はじゃまくせえし自分でそんなことをやらなきゃいけない状況にひどく腹が立つ。

「個室でもあるしオシッコは尿瓶ではなく看護師介助で自立歩行で」ということになっていたけど、看護師介助は全く必要ない。ションベンくらいテメェでいけらあ。

15時ごろかな?義父母と妻が帰った。

16時ごろ、術後初の大便をした。いつもどおりスルン!と出たので頭には何の影響もない。このときは看護師は呼んでいない。自分で勝手に行った。

晩飯は完食。

入院3日目術後1日目の夕食

一般粥食a:全粥300g、 軟菜:白身魚の味噌煮(軟)、さつま芋きんとん(軟)、酢の物(軟)、フルーツ

完食はしたけど、粥300gって結構ヘビー。
お気遣いはありがたいけど、普通の米飯でも咀嚼できるんで普通食にしてほしい。

仕事のメールチェックとか

夕食後、仕事のメールチェックなどしていたら主治医が来た。
このときなぜか俺は、オナニーしているところを母親に見つかったときのようなもの凄いバツの悪さを感じた。

主治医は実際「仕事してるし!w 頭痛くなるからほどほどにしといて。」と言っていた。

しかしここのお医者さんはまめに様子を見に来てくれる。

顔はいまのところそんなでもないけど、たぶんこれから腫れてきて熱も出るだろう。
でも経過は順調なので、もう心電図モニターも外していい。
点滴も金曜日いっぱいのつもりだったけど木曜で終わりにしちゃってもいいかな。
それで月曜(12日)朝に造影CTやってクリップの具合を確認します。
その同意書持ってきたからよろしくね。

ということだった。

ということはつまり、

12日には抜鈎もやって

13日とか14日に退院できるかもしれないぞ!(喜

「入院3日目手術翌日:尿道カテを抜きICUを出てメシを食い病室を移って仕事メールをしたの巻」への2件のコメント

  1. 1
    SHU says:

    私は残念なことに麻酔と止血剤による嘔吐で経口摂取がすべてアウトでした。
    吐き気止めを錠剤で処方しようとした執刀医に殺意すら覚えました(だから吐くっつってんだろ!みたいなw)
    涙目で訴えて、ちゃんと点滴にしてもらいました(笑)

    何とか吐き気がおさまったのは術後3日目くらいですかねー。
    それでも完食どころか、朝でたバナナを昼に食べて、夜はおかず一口ずつでアウトみたいな。もともと機能性ディスペプシアがあるため、そちらも原因だと思いますが(ってことも暴露しておかないと、麻酔でそうなる可能性が高い!なんてふうに誤解されると困りますもんね (^_^;))

    それにしてもICUって重症患者さんを24時間体制で管理されてるから、しかたないといえば仕方ないのですが、私もきつかったです。声をあげる患者さんもいるし、モニターの音もうるさいし、一番きついのは、血圧計!数時間おきに腕を締め付けられるからようやく、うとうとしかけたときに起こされるという・・・。
    頭痛も激しかったけど座薬入れてくださいとかの用事でナースコールなんかできませんでした。看護師さんってほんとに大変!
    私もほとんど寝てません。暴れる患者さんに「今何時かわかってる?10時だよ?静かに寝ようね」という看護師さんの言葉に「えええ!まだ10時なのか!」ってがっくりきたのだけ覚えています(笑)
    途方もなく長い夜でした (^_^;)

    • 1.1
      筆者 says:

      SHUさん、コメントありがとうございます。
      なんと言うか、いろいろお持ちですね、大変ですね。
      吐き気は辛いだろうなあ。
      主治医が様子を見に来たときに「ここいつ出られますか?」って訊いて「明日ですね」って答えられたとき、「なんだよまだ日付変わってないのかよ」と絶望的な気分になりました。