入院5日目術後3日目:管も線も全部外れてジッパー頭の巻

now in hospital

えーと、今日は金曜日か。

主治医が言っていたとおり、昨日の夜に点滴が外れた。
これで身体に繋がっていたケーブルもドレーンも全部なくなった。
徘徊許可も出た。
病棟内に限り物理的には自由の身ではある。

そろそろ仕事もしなければならないのだが。

それでも頭痛は続く

昨夜は一昨日に比べるとサイクルは長くなっているものの、やはり睡眠は断続的。
CPAPを装着し、創部である右を下にして寝ることを試みたが、これらには特に問題はなかった。
ただ、顔の腫れがおそらくピークになっており、創部にあまり当たらないようCPAPのストラップは相当緩めなければならなかった。

で、起きると例の「眼精疲労的鈍頭痛」だ。幸い「割れるような痛み」ではない。
主治医によれば

まあ、1週間だね。1週間だよ。

ということなのでもう少しは鎮痛剤でごまかしながら我慢するしかないのか。

今朝のバイタルチェックでは昨日一旦下がった微熱がまた戻っていたのでアイスノンを新しいものに替えてもらった。

朝からお粥は重いんだって

昨日、今日の昼食から通常食に替えてもらうことになっているからこれが最後のお粥。
早く胃に何か入れて鎮痛剤を飲みたいし、食べ物はエネルギーだからと思って頑張って完食したが、なんの罪もないお粥には悪いけど

もう見たくもない。

2月9日の朝食

一般粥食a 全粥300g、
軟菜:味噌汁、魚の塩糀焼き、おかか和え(軟)、ふりかけ、牛乳

頭の中で音がする

ICUにいたときから、ときどき頭の中で「ぽこ」とか「こと」とか「ぷく」とか「ぷつ」とかいう音がしている。小さい泡が弾けるような音。
昨日、回診に来たもうひとりの主治医(I先生)に訊いたところ

空気が抜ける音でそのうち収まります。

ということだった。
「ああそうですか」で済ませてしまったけど、空気ってなんだ、どこから入った空気でどこに抜けるっていうんだ、と後で思った。

Mr. ZipperHead

午前中、主治医(F先生)が来て創部のチェックとメンテナンス(フィルム交換)してくれた。ベッドサイドのiPadを目ざとく見つけて「自撮りしたら?」と言うので、フィルムをはがした状態を撮影した。

主治医曰く

綺麗、綺麗。
生え際に至っちゃうとバレやすいからね、生え際はうまく避けてあります。
フィルムを剥がして創部をメンテ

まるでジッパーだな。

空気の音については、そういう状態になる人は少なくないようで、開頭したときに頭蓋内に入った空気が移動したりするときの感覚らしい。「抜ける」というのは比喩で、入った空気はどこかに吸収されてそのうち無くなってしまう、らしい。

頭痛についてはある意味しょうがないけど、普段使ってる枕を持ってきてもらうと改善されるかもよ。

とのことで、さっそく妻に連絡して頼む。
あとはこんなやりとり。

先生、昨夜はCPAPを使いました。
あと普段のように右を下にして寝てみたんですよ。
右を下にするのはもう少し後の方がいいかも、腫れが引きにくくなるよ。
昨日気づいたんですけど、両掌の親指の付け根のあたりがどす黒くなってたんですけどそれは何でですか?

右手のひら

手術のときに筋肉をモニターする針を刺してたからすね。
I先生に徘徊許可もらったんですけど、1Fの売店とか行ってもいいすか?その時なんかネームプレート的なものは要りますか?
行けるんだったら自由に行ってもらって構わないです。
ただ、朝起きていきなりとかはやめてください。
うちの病院では入院患者のIDのようなネームプレートのようなものはないです。

誰が起き抜けに売店に行くかよw

その後採血があった。

レッツゴー院内徘徊

徘徊許可は出ている、仕事をするには少し辛い、寝ててもしょうがない、時間を持て余す、小腹も減った、ということで早速1Fの売店に買いものに行った。

病室は2Fなので下りるのも上るのも階段を使った。ふらふらするようなことは全くない。

スニッカーズとソイジョイを何本か買ってムシャムシャと食った。