経過日誌:退院後2日目術後10日目:頭の音の音質と場所が変わった

コーヒーブレイク

当面、日々の状態について書き残していこうと思う。

昨夜帰宅後

昨日は試験出社をして17時には退社した。
終日頭痛も眼底痛もなく、鎮痛剤は必要なかった。
創部の痛みは相変わらず全くない。まだ一応帽子なり手拭いなりを被ってはいるが、CPAPのストラップで痛みや違和感を生じることもない。
メガネのツルを直接耳にかけても問題ない(ただしかけたり外したりはまだ若干慎重)。
開口時にわずかに残っていた違和感もいつの間にか消えた。
食欲はむしろ旺盛。

夜、一昨日同様に23時ごろにベルソムラを飲んだら割とすぐソファでうとうとしはじめてしまい、0時半にベッドに入った。
普段の就寝姿勢である「右(切開側)を下に」で寝ても何の問題もなかった。
寝る前も鎮痛剤は服用していない。

頭の異音に変化

昨日から頭の異音(というより感触)については、寝しなには発生しなくなった。
だが起きているときに時折発生しており、音に変化が出てきた。

先日来「音」と書いているが頭の中でそう感じるだけで、実際に外に聞こえるような音が発生しているわけではない。

帰宅途中から後頭部というか延髄に近い付近で「ミシッ」とか「ギュリ」とか、軋むような感じの音になった。
なんだ?外気に触れて錆びてきたのか?
何がトリガーになって発生するのかさっぱりわからない。

でもまあ気持ち悪さが気になって寝つけないことだけが問題だったので、今ではそんなに気にはしていない。

この異音については、手術前に開頭クリッピング手術経験者のブログをいくつか読んでも経験談が見当たらなかったので、いずれ発生時からのことをまとめて書こうと思う。

手術後、頭の中で音がするようになった。音と言っても他の人に聞こえるような音ではない。自分で「音として」感じるだけで、実際には振動だと思うけど便宜上「音」と言う。実はこうした音は・・・

今日も出社

8時に起きた。便通も快調。
ただ起きたらごく軽ーく眼底痛がした。程度としてはいつもの眼精疲労レベル。鎮痛剤を飲むほどではないのでそのまま出社した。

朝のシャワー/シャンプーも問題ない。
シャンプーはまだ「指の腹でやさしくね作戦」である。
バスタオルで髪を拭いたときも特に音(が出るような感触)はなかった。この点昨日よりは改善されている。
でも頭皮を触ったときの感覚はまだまだ全然鈍い。まあこれはたいした問題ではない。
かさぶたがどうなっているか知らない。見ていない。少し痒いような気がしないでもない。

出勤途中も手術前と特に変わりはない。

肉体的には少し疲れてはいるかな、もう少し寝たいな、という感じはする。
脳みそは、まだ込み入ったことに対してフル回転できないような気もするが、それは以前からのことだしwたぶん睡眠がまだ少し足りていないせいだろう。

そんな感じなので今日も17時には退社した。