顎トレ

スニッカーズ

ぼくは幸いにもICU脱出直後から口を開けても会話をしても咀嚼をしても欠伸をしても痛みを感じることはほとんどなかったけれど、側頭筋が痛んでいることは間違いなく、今も少し腫れてるし違和感もまだ残っている。

それは先人の経験から予見できたので、まず、どの程度効果があったかはわからないけど入院中からプロテインを飲むことで筋肉の修復を促進するとともに、積極的に顎、口を動かした。

一方、病院食だけではどうしても小腹が空く。

ここで登場したのがスニッカーズ

この適度な弾力がまことによい。堅すぎず柔らかすぎずある程度の咀嚼も必要でもし咀嚼に疲れたら唾液で溶かしてしまえばよい。それにとりあえず小腹は軽く満たせる。しかもコーヒーに合う。病院の売店に置いてある。

側頭筋のリハビリに一日一本。

スニッカーズこそベスト顎トレフードだ。

ステマじゃないよw

「顎トレ」への2件のコメント

  1. 1
    SHU says:

    うらやましいです!私は顎関節症も患っていたので口を開けるのはちょっと苦労しました。
    側頭筋は動かさずにいると口がひらかないままかたまるよ、って先生に言われてひたすら口を開く習慣をつけておりました。やれることは何でもやりました。
    一番効果があったのは、鍼灸で教わったのですが、声を出して(これが重要らしいです)「あ~い~う~」と「え~~~~~~~~」のところで舌をだしたまま10秒くらいとまる、という体操でした。思いっきり口を開いて発音するとどの母音も結構側頭筋にガンガンきますよね。「お」だけない理由がよくわかります(笑)

    • 1.1
      筆者 says:

      SHUさん、コメントありがとうございます。
      そうですか、口や顎については事前に他の方のブログで「結構苦労する」という情報を得ていたので覚悟はしていたのですが、幸い楽勝でした。
      術後翌日、ICUを出て直後の昼ご飯に出たナントカ麺も普通に食べられました(すぐにおなかがいっぱいになって副菜は完食できませんでしたが)。
      そこらへんは切開状態や個人差などいろいろありそうですね。
      主治医にも「口動かす練習してね~」と言われましたし、筋トレと同じように、少々痛くても適度な負荷をかけた方がいいと思ったので、スニッカーズを1日1本、そのほかには「歌舞伎揚」などもボリボリ食べました。
      今、口を最大限開けると側頭筋がまだちょっと固い感じはします。