医療費控除

電卓の10キー

確定申告が近づいてきた。

うちは夫婦ふたりとも好きでやってるわけじゃ全然ないが医療費が結構かかっている。
だから毎年この時期は医療費控除のための明細づくりで大変だった。
控除対象額は超えるんだけど「超えたところで終了、あとは計算しない」というわけにもいかない。
PCにテンキーパッドを繋いでエクセルとにらめっこだった。

でも平成29年分の確定申告から医療費控除を受ける場合の手続きが変わったことでずいぶん楽になった。
自分の会社で加盟している協会けんぽから送られてきた「医療費のお知らせ」記載内容をチェックして、平成28年11月~12月分を除外して、「医療費のお知らせ」に記載のない平成29年11月と12月分だけ集計して足せばいい。

テンキーを叩く回数が激減した!

あとは会計事務所にお願いして申告書類を揃えてもらうだけだ。

セルフメディケーション税制の適用は受けられないけれど、それがなくても控除対象額は超えてしまっているので影響はない。

平成29年分については医療保険で補填される分がなかったけど、平成30年分については、

  1. 妻の大腸ポリープ除去
  2. 今回の手術入院

が医療保険補填の対象になるから、それは憶えておかないといけない。