退院後に起きた疲労感の原因

寝具のイメージ

退院後しばらくどうもひどく眠い

2月14日の水曜日に退院して、その週は木曜と金曜に出勤しました。
その時点では特に酷い疲労感はなかったのですが、週末から「どうもひどく眠い」状態になりました。
ついに翌週の木曜(2月22日:退院8日目術後16日目)に疲労感というか倦怠感というか寝不足感がピークになってしまい、その日は半日休み在宅ワークとしました。
前夜に9時間寝ているにもかかわらず、午前中にベッドに戻ったらそこから5時間も寝てしまいました。
翌金曜も一応大事をとって在宅ワークとしました。

こんなに眠いということは睡眠に問題があるのではないかと考えたのですが、退院以降、感覚的にはよく眠れていました。

CPAPのデータはどうなっていたか

今日、妻は自律神経失調症ぼくは睡眠時無呼吸症候群でお世話になっているいきつけのクリニックへの月イチ定期通院でした。
前回は2月3日だし2月は日数が少ないから実際にはそんなに間が空いているわけでもないんだけど、ずいぶん久しぶりの感覚がありました。2月は入院だなんだといろいろあったせいでしょう。

CPAPのデータでは睡眠の「質(レム睡眠とかノンレム睡眠とか)」まではわかりませんが、睡眠に問題があれば何か現れているかもしれないので、この日が少し待ち遠しかったです。

データを見ると、

  • 術後3日目くらいから使用はしているものの入院中はやっぱりほとんど効果を発揮していない
  • 退院日以降は順調

であることがはっきりわかりました。

やっぱりできるだけたくさん寝よう

入院中はともかく退院日以降CPAPは順調なのになぜあれほど「どうもひどく眠い」状態だったのかを考えてみると、これはやはり、

  • 入院中の慣れない生活リズム、慣れない寝具、頭痛と眼底痛、頭の中の気脳症的異音、ベルソムラとCPAPの効果を感じられなかったこと、などによる1週間分の睡眠不足が溜まっていたのだろう
  • 手術で脳や身体に負担がかかっていておそらく自分で意識する以上に疲労していたのだろう

ということになりそうです。

どうやら要するにまだまだ寝不足ということのようで。

今日で退院17日目術後24日目になりますが、「CPAPも使えているし前夜7~8時間寝たはずけれどまだ少し眠いかな」感はちょっとあります。

やっぱり主治医や経験者の方が言うように、入院前の調子に戻るには1カ月ほどかかるのかもしれませんね。

「退院後に起きた疲労感の原因」への2件のコメント

  1. 1
    SHU says:

    初めまして。最新投稿がこちらだったので、こちらでご挨拶させていただきますね。
    私も同じ場所の未破裂脳動脈瘤クリッピング術を去年受けたものです(50後半女性です)
    今も時々ネットサーフィンして脳動脈瘤の体験談を読み漁っており、こちらにたどり着きました。
    非常に興味深い内容のものが詰まっており、すべてにコメントを入れたい!と思いたくなるほど感情移入してしまい、「そうそう、あるある」とパソコンの前で興奮を抑えるのが大変です^^:
    特に体験者の話は直球で響いてくると私も思います。手術した人に「ねぇねぇ、どうだった?」って聞きたい方が訪れやすい場所になってくれたらな、と思います!です)
    個々によってもちろん状態も違うのですが、いたずらに不安を煽らない、というのがとても気に入ってます^^
    あちこちコメント入れさせていただいてもいいですか・・?不都合ありましたら遠慮なくばっさり削除くださいませ。

    • 1.1
      筆者 says:

      SHUさん、コメントありがとうございます。
      つまらない内容ですがお楽しみいただいてなによりです。
      コメントの通知は来たのですが管理画面を見るとなぜか記録が残っていなかったので代理で投稿させていただきました(ですのでコメント時刻が実際と異なるものになっています)。
      さて、未破裂脳動脈瘤についてネットで調べると結構不安になりそうな情報も多い(医療機関はリスクもきちんと発信しなければならないので仕方ないのですが)ので、少なくとも「中大脳動脈あたりの開頭クリッピング手術はそんなでもないよ」と伝えたい、ありのままを現在進行形で出していきたい、と思ってやっております(やってきました)。
      同感だ、と思っていただける方がいらしてとても嬉しいです。
      これからもよろしくお願いします。どうかご遠慮なくじゃんじゃんコメントしてください。