開頭手術からもう1カ月

カレンダーのイメージ

2月は日数が少ないけれど、手術をしたのが2月6日で今日が3月6日だからおおむね1カ月が経過したことになります。早いなあ。なんかあっという間。
手術前の1カ月より手術後の1カ月の方が短い感じがします。手術前の方が年明けバタバタで時間の経過が早そうなのにね。
やっぱり2月が短いからでしょうか。ICUでの苦行も今なら笑って話せるなあ。

そういえば、入院した初日に入った個室と手術後に入った個室は別だったんですが、初日に入った個室の壁にカレンダーが貼ってあって、日にちにたくさんの×印がつけてありました。
「入院して今日で何日目」ってカウントしていたんでしょう。
1月のカレンダーだったから前月のものは無く、前の住人が何日間そこにいたのかはわかりません。でも3週間分くらいは×印がありました。
どういう症状で入院していたんだろう。
その人は無事退院できたかな、退院して元気にやっているのかな、と少し切ない感じがした手術前日でした。

さて、退院後2週間の経過まとめ以降、体調や回復状況には少しずつ上向いて来ていますがそれほど大きな変化はありません。

と書くとなんだかあんまり調子よくないみたいだけど全然そんなことはなくて、単に出足がすごく好調だったのでその後の伸びが鈍っているような感じがするだけです。

相変わらず入院前と同じ生活です。

なんかもう、自分が頭を開ける手術をしたという実感が次第に薄れてきているかもしれません。

  • 頭痛や眼底痛はなく、退院日の深夜に用心で服用して以来鎮痛剤は使っていない。
  • 目眩、ふらつき、息切れなども全くない。
  • その後頭の中の気脳症的異音は発生していない。
  • 口を最大限開くとこめかみあるいはもみあげ付近の筋肉に固さを感じるが、痛みは全くなく何を食べても咀嚼に問題はない。
  • 創部付近が時折かすかに疼くような感じがするが、痛くなることはない。多少爪を立て気味にシャンプーしても、バリカンを当てても平気。
  • 頭皮の感覚は鈍いままで隔靴掻痒感あり。
  • 切開した線やホッチキスの穴の痕はほとんどわからない。
  • 血圧は次第に、かつわずかずつ入院前のレベルに近づいている模様。
  • 退院直後の食欲の旺盛さは落ち着いてきた。
  • クルマを運転しても全く問題ない。
  • 極端な疲労感はなくなった。

仕事はなんだか忙しいです。