はなはだめんどくさい

手描き折れ線グラフのイメージ

手術以降、それ以前に比べて血圧がどうも高めだ。

入院中のバイタルチェックで何度か上が145を超えてしまい、おかしいなと思ったけど、術後3日間くらいはCPAPを着けなかったせいだろうと思っていた。
ところが退院以降ちょいちょい血圧を測ってもやっぱり結構140以上が出る。CPAPは使えているのに。

流石にこれはおかしいので、退院7日目術後15日目の退院1週間後検査のときその件を主治医に話したら、

もう手術前ほど神経質にならなくていいですけどね。
降圧剤は状態を把握しないままほいほい処方できない。
気になるようならとりあえず記録をとって次回持ってきてください。

ということで血圧管理手帳をもらい、早速その翌日から計測と記録を始めた。

始めた。

始めたけれど、

朝と夜それぞれ2回ずつ測る。

まあそれはいい。

そこまではいいのだけど、

朝と夜それぞれ平均値を出す。

さらに週単位で平均値を出す。

電卓で。

さらにその結果をグラフにする。

手描きで。

血圧管理手帳

こんなのにチマチマ書くのだが。

これがめんどくさい。

果てしなくめんどくさい。

未破裂脳動脈瘤が発覚してすぐもこれをやり始めたけど、あまりにめんどくさいので続けられなかった。3週間で記録をつけていくのをやめた。
当時はあまりにめんどうなので記録にはスマホアプリを使ったんだけど、PDFでもエクセルでも何でもいいけど、結局プリントアウトしないとお医者さんに見せられないのよ。

なんで今どきこんな計算を手作業でやらなきゃいけないのか。

こんなにめんどくさかったら続くわけがない。

血圧計測器にWi-Fiでもbluetoothでもいいけど通信機能を持たせてスマホやPCに飛ばしてアプリでログをとって平均値を自動的に出してグラフ化できないのか(そんでついでにエクセルファイルとしてエクスポートできないのか)、と、思ったらとりあえずスマホ連動でデータ管理できる血圧計が

あるじゃないか!

そりゃあるよな。

欲しい。

「はなはだめんどくさい」への2件のコメント

  1. 1
    SHU says:

    血圧手帳、私も10年弱くらいのお付き合いです(笑)

    めんどくさいですよね。でもまた記帳し始めますよ(笑)だってもう高血圧が血管によろしくないと気づいちゃったんですもん (^_^;)
    もう10年選手ともなれば、ほぼ頭に叩き込んじゃうんですね、数値を。そしてそれを
    先生に「だいたい、こんな感じ~~」となります。でも薬の処方に関してはきちんとしたデーターは必要なので、頑張るしかないですよね (^_^;)

    私も手術以降、入院中から高めです。術前は下手したら上が100切ることすらあったのですが今は140くらい・・・。これは別の理由もあるんですけど。

    内科で血圧140とかだと、「ちょっと高いね~でも大丈夫大丈夫」と言われますが
    脳外科で112とかだと、「低いじゃないか!!!!!」とおしかりうけます(叱られてもどうしようもないのですがw)

    脳外科の主治医いわく、血圧ってのはその人に必要な圧なのにそれを無理やり薬で下げすぎちゃうと頭に血が行かない=早く呆ける なんだそうです。年齢的に140というのは私には必要な圧(これも個人差あるとは思ってます)なので、薬で140を保つようにしてほしい、だそうです。処方されている降圧剤は、ずっと最低レベルの量です。
    なので、逆に160,170がずっと続くのであれば薬を増やしてでも下げてもらう、らしいです。そこはやっぱ血管にはよろしくないので。すごい兼ね合いなんだな、と感心しちゃいました。

    ちなみに、夏になると血圧が120あたりにおちつきます。特に今年の冬は気温の差が激しかったこともあるから安定しないんだろうな、と自分で思っています。瘤が見つかるまえは夏になると降圧剤をやめていましたから。瘤のためには降圧剤必須ということは経過観察しているもう一つの瘤を「始末」しない限り一生服用かぁ・・ちょっと憂鬱ですw

    140ってのをどう見るか、は科によって違うんですかね・・・
    さっぱりわかりません。こうなると高血圧のガイドラインすら何なんだ・・と。

    • 1.1
      筆者 says:

      記録や傾向を見ると入院前より少し高いは高いのですが、内心ではたいしたことはないとは思ってます。
      ぼくの場合、上の平均値が135を超えてれば何か対策したいところです。
      でも2年間記録はしないまでもずっと血圧を気にしてきたから、その癖が染みついちゃってるんですよね。