タオルとパジャマのレンタル

タオルのイメージ

3月12日に、入院中にレンタルしたパジャマとタオルの請求書が届いた。コンビニ払いの伝票で。税込4,626円。

実際のところ、パジャマは1日おきに着替えただけだし、点滴が抜けないとシャワーは浴びられないし、ある程度傷がふさがらないとシャンプーだってできないから、交換回数は入院日数の半分で済むっちゃ済む。
レンタルすると換えようが換えまいが入院日数分の費用がかかる。
妻は毎日見舞にきてくれたから、一日おきくらいに新しいものを病院に持ってきて使ったものを持ち帰って、ということもできる。
だからレンタルするのは正直無駄が多い。
医療保険の保障対象にならないし。

でも、その持ってきて持って帰ってっていう手間をこの費用で無くせるならまあいいんじゃないかと。

あと、「入院時には前が簡単に開くパジャマを」とよく言われる。
ぼくの場合もご多聞に漏れず術後1~2日は心電図モニターをくっつけられていたし、頭に帽子をかぶっているうちはプルオーバーのスウェットとかじゃない方がいい。
点滴のために腕まくりもしなきゃなんないし。
でもぼくはそういう「典型的なパジャマ」を持っていないし今後も着ないのよ。
そうなると入院のために買う方がもったいない。

というわけで、ぼく的にはこの税込4,626円はまあ妥当なコストだと思っている。

「タオルとパジャマのレンタル」への3件のコメント

  1. 1
    SHU says:

    私が入院していた病院はパジャマはレンタルしてください!というところでした。
    結論から言うと、私もレンタルのほうが安上がりだと思います。
    レンタルが義務だと知らなくてパジャマを購入しましたけど優先順位として
    じゃまにならない(前開きは前提)
    点滴のじゃまにならない
    アイロンしなくてもいい(主人はアイロンが使えませんので洗濯させられない;;)
    院内徘徊する気満々だったので見た目もそれなりのを・・(外来にいる入院患者さんって目立ちません?私はどうしても目がいってしまいます)
    等々を満たしたものってかなりのお値段しました。

    お値段もさることながら、最後のCTとったときに、自分のパジャマじゃなくて
    よかったと思いました。おしゃれなパジャマにはどこかしら金属っぽいのがついてます(笑)入院してるのにパジャマからCT室におかれている術着に着かえるって笑えますw

    • 1.1
      筆者 says:

      パジャマにアイロン要らないでしょうwどうせすぐシワシワになっちゃうんだからw
      確かに、外来ロビーにある売店をパジャマでうろついていたときは自分が「浮いてる感」バリバリでしたね。
      あと、MRI/MRAだけじゃなくてCTのときも金属ダメでしたっけ?まあ一応腕時計とか外して受けはしますけど。

      • 1.1.1
        SHU says:

        パジャマにアイロンいらない=男性の発想かもw
        病室内だけなら私も気にしないですけどねwできるだけ形状記憶ぽいものを選んだつもりですが、ペラペラの病院着のほうがずっと優秀でした(ダサいけどw)

        磁気に反応するという意味ではCTは問題ないと思うのですが、金属が写るんじゃなかったかな・・。まぁ頭だし、関係ないとは思うのですが大勢の患者さんを写してる技師さんに襟当たりの金属とかボタンはOKですか?とか確認するのが面倒で (^_^;)
        ならば最初からそういう心配のない「病院用パジャマ」なら何もかも楽だなーとw