顎トレ第二章

ダンベルのイメージ

ぼくにとって開頭クリッピング手術は破裂リスクのない平穏無事な生活の維持という目的達成のための唯一無二の手段であり、そういう意味ではひとつの通過点に過ぎなかった。
またウルトラスーパーマイクロナノ会社をやっている都合上、最長でも2週間で職場復帰すると決めていた(しなければならなかった)。

だから、手術日を決めて以降、「入院期間とその後の回復期間をどれだけ短くできるか、どれだけ早く日常生活を取り戻せるか」ということばかりを考えていた(手術は成功するもの、合併症・後遺症が出たらそのときはそのとき、と考えていた)。

幸いにして、入院は正味9日間で済み、退院の翌日、入院から11日目で職場復帰できた。

そもそも発想が筋トレ

もう何年もやってないけど、昔一時期、自宅筋トレに熱を入れていたことがあった。
今も自宅にはその名残りのダンベルが何本か転がっている。たまに転がっているダンベルに足の小指をぶつけたりなんかして泣きそうになったりなんかもする。
今ではもうダンベルを持ち上げるだけでしんどいっていうかむしろ腰が心配だw

上述のように「10日以内に退院してやる!」「絶対に遅くとも2週間で職場復帰してやる!」と思っていたから、早い回復を目指して、

  1. 行動は早い段階から少し負荷をかける。
  2. とにかくむしゃむしゃ食って咀嚼筋を鍛える。
  3. 病院食もなるべく毎回完食、退院後もメシをよく食う。
  4. ブロテインで筋肉や皮膚の再生を促進する。
  5. できるだけよく眠る。

ということをやってきた。
けどこれ、とどのつまりは、「負荷をかける・栄養を採る・休む」っていうことで、これってまんま筋トレの基本的な考え方と同じだ。
今ではすっかりヨボヨボのポンコツのくせに、発想だけはいつまで経っても筋トレ。

回復が遅い!

さて、開頭クリッピング手術から既におよそ1カ月半、日常生活はもうとっくに取り戻せている。
頭皮の軽い疼きも髪の毛の不ぞろい具合もほとんど解消されている。
頭皮の感覚もだいぶ戻ってきた。
違和感はところどころ残っているものの、退院日の深夜に軽い頭痛を感じて以降、手術に起因すると思われる痛みはどこにもない。

全体的にはそういう肉体的な回復はかなり進んでいるんだけど、回復度合いが遅いぞと感じるのは側頭筋というか咀嚼筋だ。
口を全開にしたときの右こめかみの筋肉の固さが、少なくなってはきているけどまだまだ。
痛みは最初からなく、手術以降食事や欠伸に何も問題はないけれど、凝っているような固い感じがする。

側頭筋というか咀嚼筋だけがまだそういうのんびりした状態だとなんだか腹が立つ。

なので最近「おくちストレッチ」を再開した。

「おくちストレッチ」と言っても単に口を最大限に開けて10秒ほどそのままにしておき、時々左右にも動かす。それを何セットかやるだけだ。
入院中からときどきやっていたけど、退院後はしばらくやってなかった。
これを風呂に入っているときなんかにやる。

明らかに実感できるほどの効果はまだないけれど、少しずつほぐれてきているというか伸びてきているような気はする。

変な癖がついた

ところで、咀嚼筋のトレーニングのために入院中からスニッカーズをよく食べていた。

ICU脱出直後から口を開けても会話をしても咀嚼をしても欠伸をしても痛みを感じることはほとんどなかったけれど、側頭筋が痛んでいることは間違いなく、これを鍛える必要があった。

口を大きく開けるという点ではそんなに効果はないけど、咀嚼筋を動かすトレーニングにはなった。

これが、退院後も癖になってしまった。
「咀嚼トレーニングが」ではなく「スニッカーズを食べることが」癖になってしまった。
先週末などは10本まとめ買いをし、2日に1本は食べている。

この間、期間限定アーモンドシングルなるものを発見し思わず妻の分と合わせて4本買ってしまった。家には通常商品の買い置きが何本もあるのにw

「顎トレ第二章」への5件のコメント

  1. 1
    SHU says:

    現時点で咀嚼筋の違和感ってどれくらいです?
    突っ張り具合は想像つくのですが、全開できるんですよね?
    最後に開け切った時に「硬っ!」って感じる感じでしょか。
    私は「硬い」感覚は皆無なんですけど最後に「ミシッ!」「ピキッ!」という
    音がわずかにしますwこちらは顎関節症の音かもしれませんが
    音の種類が全く違うので、どっちかなーと。そんな音はしませんか?

    • 1.1
      筆者 says:

      全開自体は余裕でできます。全開にしきったときにもみあげとその上のあたりが「固いなあ」という感じです。
      音はしないですね。

      • 1.1.1
        SHU says:

        そうなのですね。じゃあ、やっぱり関節の音かもしれません (^_^;)

        まだ術後2か月で、もみあげ周辺の固さも全くありません!と言われたら
        むしろ羨ましいを通りこして脅威すら感じますw
        でもスニッカーズの威力は私も感覚的にわかります、あれだとかなり鍛えられるだろうな、と。
        スニッカーズ大好物なのですが、術後手にする気になれなかったのでw

        • 1.1.1.1
          筆者 says:

          今日試しに口に指を入れてみたら、縦に4本入りました!
          スニッカーズなら3本同時食いができそうです(入れるだけで噛めませんが)。

          • 1.1.1.1.1
            SHU says:

            4本www
            もともと大きく開くんですねー(もしくは指が華麗に細いとかw)
            私は顎関節症以来3本弱がギリギリになってしまいました。
            余裕で3本以上(4本はさすがにw)いけてたので
            ちょっと悔しいですww