改めて開頭手術後の自宅療養と職場復帰の件

ぼく的には「退院=社会復帰」というか病院内も社会なので、この話題のときは「職場復帰」という言葉を使う。どっちでもいいっちゃいいけど。

さてぼくは退院翌日の木曜から職場復帰してその週は早めに切り上げつつも一応2日間勤務し、土日休んで翌週も出勤した。
ここでもまた「退院して翌日から働く人もいます」という主治医の悪魔の言葉に調子に乗った。
そして調子に乗って張り切ったツケが回った。
退院翌週の木曜に酷い疲労感のため半休爆睡&在宅ワークしその翌日も在宅ワークになった。

本音を言えば、後からああいう疲労感が襲ってきて不本意な休みをとるくらいなら2~3日はゆっくりすべきだったかもと思う。そうしようと思えばできたし。妻も「今週は家でやれば?」と言ったし。
何もそんなテンション上げて出社しなくてもよかったのにw

ていうかお前、「おれは退院の翌日から働いたぜ!」って言いたかっただけだろみたいなw
それもまあ否定しきれない自分が弱えw

てかそれくらいのことしないと面白くないし、ズッコケたからこそ最低何日間くらい休めばいいかという知見が得られたわけで。

でも、GW明けみたいに、数日間の休みの後の職場復帰のダルさかったるさとかそういう感じは避けたかったのです。
入院前の日常を早く取り戻すためには入院前の日常に早く戻す必要があったのです。

そういうわけでぼくの自宅療養っていうのは、土日と、在宅ワークの約1日だけ。
あとは普通に平日働いて次の土日も休みつつちょびっと働いて、という感じ。

なので、「張り切って後から病欠」みたいなそういうテンション&反動ズッコケじゃない、平日にきちんと休暇をとった自宅療養っていう経験がない。
経験がないから自宅療養というのが何をやるものなのかわかっていない。

ほかの人が何日くらい休んで、その間どんなことをして過ごしたのか、ちょっと気になる。

休息をとりつつ、少しづつ入院前の生活に戻す行為行動をする、という感じ?
たっぷり寝て、ゆっくり過ごして、時折軽く身体を動かしてみたりなんかして。
普段の休日と同じような感じの過ごし方?
回復のために何か特別なことはやった?
まさかぼくの半休みたいにひたすら爆睡?

数日休んだ場合、「さて今日から仕事!」ってなったとき肉体的・心理的にスパッと仕事モードになってスムーズに復帰できたかどうかもちょっと気になる。

入院10日目術後9日目で退院しその翌日から職場復帰したが、睡眠をたくさんとることが大事だと思った。だから退院後の自宅療養は3日間くらいはあっていい気がする。1週間までは要らないかな。
主婦の方に「自宅療養期間」という概念はあるのか?という疑問が生じた。むしろ主婦の方が退院後大変なんじゃなかろうか。そう考えるとそう長いこと休んでいらないような気がする。

「改めて開頭手術後の自宅療養と職場復帰の件」への2件のコメント

  1. 1
    SHU says:

    私はすでに退院日の帰りにスーパーで買い物をした人間なので
    療養した記憶はないのですが、もともとぐうたら主婦なので・・・w

    仕事をしているひとは、会社における仕事だけではなく通勤のこともありますよね。
    車内で座れなかったり、1時間も列車に揺られて通勤となると、二の足ふみますよね。
    その不安を払拭するための期間なのかな・・と勝手に想像してしまいました。
    ちなみに私も会社勤めをしていた経験ありますが、今も独身で働いていましたら
    がっつり休暇頂戴して、家でまったり休日のようにすごしていたと思います。

    • 1.1
      筆者 says:

      そうですよね。少々くたびれてはいるかもしれないけどほぼほぼ普通に生活できるわけですから、特別なこともせずのんびり過ごすでしょうね。この際2〜3日休めばよかったなあ。