頭皮の違和感がなぜそこなのかという問題

皮を剥かれたミカン

頭皮の感覚が麻痺する場所、軽く疼くような感覚が起きる場所が、なぜ創部ではなくそこよりも頭頂部かつ後頭部に近い場所(下図緑色部分)なのか?

大雑把だけど赤い線が切開した創部のライン。緑色が感覚が鈍く疼きを生じている(いた)部分。

これは先日来の疑問だったので、退院後1.5カ月検査で主治医に訊いてみた。

主治医によれば、 

頭の神経はいろんな方向から伸びて網の目のようになっているので、切開すれば神経も切れます。
そのため頭皮の創部付近には麻痺感が出ます。
麻痺感が出るのは創部より前(顔に近い方)のこともあります。
後頭部や頭頂部に近い部分も頭皮を少しめくりますが、そこに麻痺感が出るのは、そのあたりの神経が顔面方向から伸びていたり、後ろから伸びている場合でもその先が切れたからです。

と、だいたいそういったことだった。

妻は納得したみたいだけど、ぼくにはいまいちよくわからなかった。
ていうか、だったら創部より前にも麻痺感があってもよさそうなもんだけど。

けど好奇心から訊いたことだからまあいいや。

人体って不思議ねー。

「頭皮の違和感がなぜそこなのかという問題」への2件のコメント

  1. 1
    SHU says:

    わかったようなわからないような・・
    でもとりあえず顔面に「鉄板が埋め込まれた」ような麻痺感が
    でなくてよかったです・・・後頭部だから普段きにせずにいられたので (^_^;)

    • 1.1
      筆者 says:

      ね、なんかいまいち釈然としませんよね。

      顔面に鉄板w
      でも場合によってはそういう合併症が出ることもあるんでしょうね。