自分的回復完了宣言

退院1.5カ月(退院6週間め術後7週間目)後検査・診断で、「脳みその収まり」がほとんど元に戻っていることは確認できた。

  • この「脳みその収まり」が完全に元に戻るまで再度様子見が必要らしい。
  • 頭皮の麻痺感はまだ半分くらいは残っている。
  • 側頭筋・咀嚼筋の固さは、意識的に最大限まで(顎が外れそうになるまで)開けたときにまだ少し感じる。

自覚があるにせよ無いにせよ、手術の肉体的影響で残っているのはそれくらいで、どれも放っときゃそのうち解決するものだからもうどうでもいい。

気温や気圧の変動の激しい時期だけど退院当日の深夜を最後に頭痛は起きていない。
入院中から何故か時折140オーバーを叩き出していた血圧も朝上135以下で落ち着いてきた。
どこかが痛いとか辛いとかいうことは全くない。
体調はいい方だ。

まあ、一応開頭手術をしているから手術が無事終わったとしても退院後もその影響はしばらくいろいろ残るわけで、肉体が手術前の状態に戻るには思いのほか時間がかかるようだ。

ただ正直なところ、自分が開頭手術をしたという実感はもう無いと言っていい。

まあとにかく、医学的・肉体的にどうあれ、入院前と同じレベルの生活を取り戻せたかどうかという意味では、めいめいが自分の感覚に基づいて「ここまでくれば回復したと言える」と言っていいものだと思う。

そういう意味では、入院前と同じレベルの生活は退院後2週間くらいで取り戻せたから、今これを言うのは遅いような気もするけど、月末だし、ここらで一発、

「自分的には回復完了」宣言

を出したいと思う。

ほんとは「脳みそのおさまり」が完全になったところで出したかったんだけどなあ。
主治医も、「まあもうだいたいいいでしょう」くらい言ってくれりゃいいのによう。

「自分的回復完了宣言」への2件のコメント

  1. 1
    SHU says:

    脳みその収まり具合・・次の検査で聞いてみようと思います・・・

    • 1.1
      筆者 says:

      仮にSHUさんの回答手術のときに空気が入ったとしても、時間に個人差こそあれ脳みそは元の位置・形に戻るものだと思いますし、SHUさんの主治医が何も言わないんだったら(問題があれば言うはず)何の心配もないとは思います。
      でも試しに「脳のおさまりの話をしてる人がいるんだけど私はどうだったの?」と訊いてみるのも一興かと。