このブログについて

目的あるいは趣旨

2015年12月に夫婦で受診した脳ドックの結果、翌年1月に「右中大脳動脈分岐部に未破裂脳動脈瘤が見つかったので精密検査を勧めるよ」ということになりました。

そこから1年半以上の経過観察ののち2017年11月8日に手術日を決めてからネットでいろいろ調べました。医学的な情報はお医者さんに訊けばよいことなので、そうではなくて実際の本人の経験談です。
手術前の精神状態であるとか術後の問題など、本人にしかわからない情報。
経験者の方のブログなどはとても参考になりました(結構いろいろあります。みんなブログ書こうって思うものなんですね)。

未破裂脳動脈瘤の開頭クリッピング手術を受けるなんてめったにない(あってたまるか)ことですから、ぼくも自分の経験もこうして書き残しておこうと思いました。

できた場所も大きさも環境も状況もひとりひとり違うのですから、脳動脈瘤をどのように捉えどのように情報収集しどのように判断しどのように行動するかもひとりひとり違って当然です。

あくまで右中大脳動脈分岐部の未破裂脳動脈瘤開頭クリッピング手術を受けたひとりのオッサンの、発覚から職場復帰に至る経過を綴った日記のようなものを書いています。

ただし、このブログでは医学的な情報についてはあんまり触れません。そういう情報は既にあちこちにたくさんあります。不正確あるいは生半可な情報は流したくありませんし、繰り返しになりますがそういうのは専門家であるお医者さんに訊くのが一番です。
アドバイスみたいなことも書きません。他人に対して「〜すべき」というような書き方もしません。断定もしません。
あくまで「ぼくのケース」の話なので、自分の経験がすべてのケースに当てはまるかのような書き方も極力しません。

その過程で発症した脳動脈瘤とは関係のない病気や検診などについても書いていきます。病気の話ばっかりでたまに自分でもうんざりしますが、決して病気自慢・不摂生自慢をしたいわけでもありません。

ぼくの未破裂脳動脈瘤克服の概要・要点はこちらにまとめてあります。

未破裂脳動脈瘤の発覚から経過観察を経て退院後しばらくまでの経緯、手術、入院、費用などのまとめ投稿など概要・要点をわかりやすくした総合索引。脳動脈瘤のビフォーアフター画像も掲載。

筆者について

1966年生まれ。神奈川県在住。妻ひとり子供なし。
都内でごくごく小さな会社をやっています。
2018年2月6日に開頭クリッピング手術を受けました。

免責事項

  • このブログ記載の内容はあくまで私個人の症状、環境、状況、体験、経験、思考、感覚に基づくものであって、脳動脈瘤その他の疾病に関わる医学的正確性などについては保証できかねます。
  • このブログ記載の内容に基づく行為によって何らかの損害を生じたとしても当方は一切責任を負いません。
  • 広告を含むリンク先サイト/ページの情報の信頼性等についても当方は一切の責任を負いません。

ブログ公開日とそれ以前の時系列

このブログは、2017年12月に投稿を書き始め、仮公開しました。

したがって公開以前、特に2017年11月以前の投稿はそのタイミングでの執筆・公開ではありません。でも時系列をわかりやすくするため、ブログ公開以前の各投稿の公開日はその出来事が起きた日付にしています。

最初から順を追って読みたい方はこちらからどうぞ。

前年の12月28日に受診した脳ドックで、2016年1月26日に「右中大脳動脈分岐部に脳動脈瘤が見つかったから精密検査を勧めるよ」という結果が出た。できちゃったものはしょうがないがしかし。

コメントやお問い合わせ等への対応

コメントについて

  • コメントの表示には筆者の承認が必要です。
  • システムの仕様上、コメント送信後に何も表示されませんが承認までしばらくお待ちください。
  • コメントの承認やお返事には時間を要することがあります。
  • 内容によって、あるいは表示上の都合によりコメント内容を一部変更した上で公開する場合や、承認・お返事ができない場合があります。

お問い合わせ等について

お問い合わせなどはフォームで承ります。

コメントでない方がよろしければ、こちらからこのブログに対するご意見ご要望ご質問をお寄せください。
  • お返事をする必要上、お名前とメールアドレスの入力を必須としています。
  • 取得したお名前やメールアドレスは返信以外の目的には使用しません。
  • このブログは全体がSSLで保護されておりますので、送信内容は暗号化されます。
  • お返事にはお時間をいただくことがあります。
  • 状況や内容によってはお返事できない場合があります。

知的所有権について

このブログ記載内容の知的所有権は下記のもの除き筆者に帰属します。無断流用・転載はご遠慮ください。

  • 引用部
  • 筆者が撮影したもの以外のアイキャッチ画像などのイメージ

引用は出所が明示されていれば何の問題もありません。

筆者が撮影したもの以外のアイキャッチ画像などのイメージはストックフォトサービスから筆者が有料でライセンスされたものです。こちらも流用・転載はご遠慮ください。