総まとめ未破裂脳動脈瘤始末

ぼくの未破裂脳動脈瘤の始から末まで、これまでのまとめ投稿を含めてざっくりとした索引のようなものを作りました。

要点

  • 未破裂脳動脈瘤の状態:無症候性・右中大脳動脈分岐部・嚢状(袋型)・7mm級・ネック太い・形状いびつ
  • 発覚時年齢:50歳
  • セカンドオピニオン:なし
  • 経過観察期間:約2年
  • 術式:開頭クリッピング術
  • 手術時間:約5時間
  • 手術入院期間:10日間(正味9日間)
  • 自宅療養期間:実質1日間(土日祝日除く)
  • 既往症:睡眠時無呼吸症候群、慢性胃炎
  • アレルギー:なし
  • 飲酒・喫煙習慣:飲酒は年1回程度・喫煙は1日1箱
  • 運動習慣:特になし

始から末までのタイムライン

おそらく今後も、スパンはともかく経過確認の検査を何回か受けることになるかと思いますが、ひとまず2018年3月31日現在までの経緯です。

2015年

  • 12月28日:ほんのきまぐれで脳ドック受診

2016年

2017年

2018年

経過観察中まとめ

上記タイムラインとかなり重複しますが、2017年末に書いたまとめ投稿です。

2017年も残り少なくなってきたところで、2年前に脳ドックを受けた記念すべきこの12月28日に、脳動脈瘤発覚から現在までを振り返る。食生活改善以外は普通の生活で経過観察中は全く闘病していない。

経過観察中の出来事、手術日決定から入院に至るまでの出来事などについては、それぞれカテゴリー「経過観察」カテゴリー「手術日決定から入院」でご覧いただけます(余計な投稿も多いです)。

経過観察が2年に及んだ理由についての投稿もあります。

手術入院まとめ

入院中、できるだけリアルタイムに近いかたちで状況を書きました。
正味9日間の経過などをまとめてあります。

2018年2月5日午後から14日午前までの正味9日の入院期間中、可能な限りリアルタイムに近いかたちでその模様を投稿にしてきたが、投稿の数もそこそこあるので一旦ざっくりとまとめてみる。

手術や入院に関わるいろんな話は、それぞれタグ「開頭手術」タグ「入院記録」、あるいはカテゴリー「開頭手術入院」でご覧いただけます。

退院後の経過まとめ

最初のうちは毎日書いていました。退院後2週間の経過をまとめてあります。

退院してからしばらくは毎日体調や痛みなどの状況を書いてきたけれど、順調に回復しているので特筆すべきことがなくなってしまった。せっかくなのでこれまでの退院後の経緯をまとめた。

入院中も含めた術後経過については、タグ「開頭手術後の回復経過」でご覧いただけます。
また退院後のいろんな出来事については、カテゴリー「退院後」でご覧いただけます。

未破裂脳動脈瘤ビフォーアフター画像

右中大脳動脈分岐部とはどのあたりか、どんな形の動脈瘤だったか、手術後に動脈瘤はどうなったか、を画像でご覧いただけます。

脳ドック結果

手術が近づいてきて、自分の脳動脈瘤を改めて画像で確認した投稿です。
脳ドックの結果を受け取った直後のことを書いた投稿もあります。

手術が近づいてきて、ふと自分の未破裂脳動脈瘤のより正確な位置を知りたくなった。右中大脳動脈分岐部とは頭蓋骨のどこあたりなのか?まあ今さらそれを知ってもあまり意味はないんだけど。

血管造影検査(アンギオグラフィー)結果

どうしてもブログに載せたくてw 2016年5月に行った血管造影検査のときの画像データを取り寄せて(買って)再確認した投稿です。

手術まであと3週間に迫ったこのタイミングで何故か自分の脳動脈瘤を改めてよく見てみたくなり、2016年5月の血管造影検査(アンギオ)の際の撮影画像を入手。頭の中を晒してみる。

術後造影CT結果

退院前日に行った造影CTの結果の画像をこれまた取り寄せてみました。
せっかくだからビフォーアフターを確認したいですからね。

退院前日に撮った造影CTの画像をもらった(ていうか買った)のでその一部を晒す。ビフォーアフターのアフターだ。主治医はこれも見ながら手術やその後の経過について詳しい説明をしてくれた。

項目別・苦痛や回復度合いまとめ

開頭クリッピング手術後に、自立歩行や階段昇降、口の全開、爪立てシャンプー、創部を下にしての就寝、クルマの運転など、「何がどの時点でどう回復しているか」を整理してみた。
どんなことがどの時点でどう回復したか/しているかは以前書いたけど、今回は苦痛や違和感について、どんなものがどの時点で発生し解消したか(解消してないものもあるけど)整理してみる。

上記を含む関連投稿は、タグ「開頭手術後の回復経過」でご覧いただけます。

考え方や心理のまとめ

未破裂脳動脈瘤が発覚してから手術を終える間の、認識や意思や心理についてまとめた投稿です。

経過観察中のことや入院中のことについては都度まとめ的な投稿を書いたが、退院1週間後(術後2週間後)検査でも経過が順調であることが確認された今、簡単に振り返りつつ一旦締めにしたい。
実際、手術が終わってみると「たいしたことなかった」と感じている。ただしそれは多くの「幸運」によるものだとも考えている。何がどう幸運であったかを順不同で書いてみる。

上記を含む関連投稿はタグ「考え方や心理」でご覧いただけます。

費用まとめ

未破裂脳動脈瘤開頭クリッピング手術および入院に関わる費用についてまとめました。

入院中にレンタルしたタオルとパジャマの費用がわかり、医療保険の給付金も支払われたので、今回の開頭クリッピング手術入院にかかわる費用、結局いくら持ち出したのかをまとめてみる。

未破裂脳動脈瘤発覚後に加入した医療保険についてはこちらの投稿で簡単に書いています。
血管造影検査(アンギオグラフィー)入院のときの費用、その他の費用は、タグ「医療保険や費用」でご覧いただけます。

頭の中の異音まとめ

手術後に頭の中で異音が発生し、しばらく続きました。
それなりの確率で起きる現象のようですが、他の手術経験者の方のブログではこういう話が見当たらなかったのでまとめました。

手術後、頭の中で音がするようになった。音と言っても他の人に聞こえるような音ではない。自分で「音として」感じるだけで、実際には振動だと思うけど便宜上「音」と言う。実はこうした音は・・・

タグ「頭の音問題」ではほかの投稿もご覧いただけます。

地味に気になる(かもしれない)ポイント

口が開かない?問題のこと

開頭クリッピング手術を受けると口が開きにくくなる。ぼくの場合はそれほどではなかったけれど、その「開きにくさ」や「痛み」には、手術した場所の違いを考慮してもだいぶ個人差があるようだ。

上記を含む関連投稿は、タグ「口と顎の問題」でご覧いただけます。

メガネのこと

手術後数日間、側頭部の腫れのためまともにメガネをかけられなかった。ようやくかけられたと思っても、自分で思う以上に側頭部の腫れがひいておらず、メガネのツルが側頭部に溝を作っていたw

髪の毛や頭皮のこと

開頭手術をすると髪の毛はどうなるのか。意外に情報が少ないこのテーマw 抜鈎前・抜鈎後・職場復帰時・術後18日目の画像を交えてお伝えしますが、一時変な髪形になる覚悟は必要かも。
開頭クリッピング手術後、頭皮の感覚がとても鈍くなる。頭を掻いてもそれが伝わらないから痒みが収まりにくい。感覚の回復には月単位の時間が必要なようで、気長に待つしかないみたい。

上記を含む関連投稿は、タグ「頭皮と髪の毛の問題」でご覧いただけます。